2018年02月28日

犬の歯石取り用Dr.YUJIROデンタルパウダー(ハタ乳酸菌)は詐欺商品だ! 歯石・歯垢取りには加熱した鶏の骨が最高!

ハタ乳酸菌を固めた粉末を犬に食べさせると、犬の歯石や歯垢を除去できるというのはでっち上げの真っ赤なウソだ。捏造だ。科学的な証拠(エビデンス)は示してない。
ハタ乳酸菌はの歯石や歯垢の除去には役に立たない。
つまり、ハタ乳酸菌は人用デンタル商品としては販売されてない。
犬猫用デンタル商品だけが販売されている。
人も犬猫も同じ哺乳類だ。その歯石や歯垢は同じ成分だ。
人の歯石や歯垢の除去に効果が無いものは犬猫にも効果が無いのは理の当然だ。

 犬の歯石取りや歯垢取りに効果があるとしてDr.YUJIROデンタルパウダーの商品名で大々的に広告されて販売されている商品がある。
ものすごく高価な歯磨き商品だ。
その宣伝広告も仰々しいものだ。商品の本質とは関係の希薄な事柄だけがくどくどと記述されている。
日本だけでなく、世界24カ国で特許を取得してあると宣伝広告さている。
FDA(米食品医薬品局)も認可した優良商品だと強調してある。
なのに、肝心のことについては曖昧な記述しかない。
ハタ乳酸菌がどのように働いて歯石等が取れるかについては科学的な記述がない
つまり、ハタ乳酸菌の機能や作用については信頼できる記述は皆無だ。

 Dr.YUJIROデンタルパウダーは何かインチキ臭い商品なので、その実態を調査してみた。やっぱり、詐欺商品だ。
 その日本特許を突き止めた。
その特許の名称は「新規乳酸菌並びに生体賦活型乳酸菌製剤及び生体に対する感染症の予防剤と治療剤」だ。日本の特許番号はJP4661593B2だ。その発明者の一人に秦(ハタ)の人名がある。

 その発明の特許請求の範囲(英語:Claims)には歯石や歯垢の言葉さえない
特許権は、その特許請求の範囲に明記されていることに付与される権利だ。
つまり、上記特許は人や犬の歯石や歯垢とは関係の無い特許だ。
ハタ乳酸菌で犬の歯石や歯垢が取れることに付与された特許ではない。
その特許の名称にあるように、その特許は特定の感染症の予防と治療剤に関する特許だ。
再度いう。その特許は歯石や歯垢とは関係の無い特許だ。

 なのに、その特許を基にハタ乳酸菌には歯石や歯垢を取る機能や作用があるというのは、誇大広告というよりも虚偽広告だ。悪質な詐欺商売だ。
その詐欺商売をしているDr.YUJIROと言う獣医は心の腐りきっている詐欺師だ。
国民の愛犬家を愚弄して詐欺商売をしている。
Dr.YUJIROは犬を食い物にしている白衣の悪魔の一味だ。
獣医にはそのような邪悪卑劣な輩が多い。

 なお、ネット上には商品を購入した者がその商品を評価する欄があるが、その記述を安易に信用すると騙される。
このDr.YUJIROデンタルパウダーについては高い評価を沢山得ている。
同業の獣医やその売買業者がグルになって高く評価しているのだ。
Dr.YUJIROデンタルパウダーは科学的な根拠のないでっち上げの詐欺商品なのに、その商品の評価が高いのは、その評価もでっち上げの虚偽の記述だ。
組織的な詐欺集団の組織ぐるみの詐欺商売なのだ。

 その詐欺商品は獣医が発明して、獣医が製造販売している商品だ。
言い換えると、獣医が発明して、獣医が製造販売している犬用商品には科学的な根拠のない詐欺商品が多い。下段の関連随想集にその例を挙げてある。

 乳酸菌飲料であるビオフェルミンやヨーグルトを歯石や歯垢を取る目的で飲用する人はいない。もし、いたら救いようのないお人好しだ。
なのに、犬の歯石や歯垢が取れる商品だと大々的に宣伝広告されると、何の疑いもなく、その高価なインチキ商品であるDr.YUJIROデンタルパウダーを購入しているお人好しがいる。

 私は騙されてないと思っているあなたも、別の犬用商品ではだまされている可能性が高い。
狂犬病ワクチンや混合ワクチン、フィラリア薬だけでなく、ドッグフードも詐欺商品であることをおわかりですかね。
愛犬の健康と長寿の為にご自分の頭を使って深く考えることが肝要ですよ。ハイ。

 犬の歯石や歯垢の最良の除去方法

犬の歯石や歯垢を除去するするのに最も効果的な方法は犬に加熱した鶏の骨を食べさせる方法だ。
加熱した鶏の骨は犬の大好物だ。しかも栄養満点だ。
詳細は次の随想集にある。
 愛犬の歯磨きは鶏の骨で! その随想集

なお、獣医は加熱した鶏の骨は胃や喉に刺さり危険だというが真っ赤なウソだ。

 鶏の骨の食事には歯磨き効果以外にもいろんな効果が沢山ある。
その効能利得を10の項目にまとめて表示した。
鶏の骨は犬の大好物だ。愛犬が喜んで食べる食べ物は何かについて悩んでいる多くの愛犬家のご参考になれば幸いだ。

 犬は加熱した鶏の骨が大好物だ。
犬はどの犬も、鶏の骨を目を輝かして、ガリガリかみ砕いて食べる。
イヌとは、ホモ・サピエンスのヒトには絶対にできないことを平然とする動物だ。感嘆感服する。

 なのに、獣医界は加熱した鶏の骨は喉や胃に刺さるから犬には食べさせてはいけないと真っ赤なウソの風説風評を流布している。
犬にはドッグフードだけを食べさせようとたくらんだ詐欺業界の虚説だ。

 あるいは、獣医は犬の習性に無知蒙昧だ。
鋭く尖った鶏の骨は、獣医自身の喉や胃に刺さることは間違いない事実なので、同じように犬の喉や胃にも刺さると思い込んでいる。短絡的で軽佻浮薄な愚考だ。

 犬の喉や胃の粘膜は、人のそれに比較してはるかに厚く滑りやすいので、鋭く尖った骨の破片は流れ込むように喉を通過する。胃に入った鶏の骨は強い胃液でたちまちに溶解する。

 肉食動物の胃液の酸性度は人のそれとは比較できないほど強い。
肉食動物とは、肉だけを食べて生きている動物のことだが、見方を変えて言うと、胃液の酸性度が強く動物の骨を簡単に溶かしてしまう動物のことだ。

 犬はオオカミの血を引き継いでおり、元来、肉食動物だ。何万年も人と共生しているうちに人と同じように雑食動物に変わってきただけだ。
犬の胃液がどれほど強い酸性であるかをトイレ用洗剤のサンポールを使ってテストしたことがある。10年も前にそのテスト結果を次の随想に書いた。
加熱した鶏の骨は愛犬の食餌に最適! 呑み込んだ骨は胃液で短時間で溶解する!
 
 鶏の骨は犬にとっては栄養満点の食べ物だ。それだけで健康で長生きできる。
先代の愛犬は鶏の骨の食事だけに満足して、他の食べ物には興味を示さなかった。他にはチーズを食べたくらいだ。野菜や果物は全く食べなかった。
犬は元来肉食動物なので、ビタミンCは自分の肝臓で合成できる。言い換えると、肉食動物とはビタミンCをとらなくても生きていける動物のことだ。
犬猫に野菜や果物は食べさせなくても良い! 犬猫はビタミンCを自分の肝臓で合成する!

 鶏の骨には歯磨き効果や歯周病予防効果がある。
犬が固い鶏の骨をガリガリかみ砕いて食べると犬の歯石が取れる。
人の歯石も犬の歯石も頑固なほど硬くて取りにくい。人の歯科医も電動ドリルで、かなりの時間を使って削り取っている。犬の歯石も、一二週間くらい鶏の骨を食べさせても、歯石は簡単には取れないが、鶏の骨の食事を何か月か食べさせると、愛犬の歯はきれいになる。
「忘れていた頃に愛犬の歯を見たら、きれいに歯石がなくなっていました」とお礼の投稿もある。
我が家の愛犬たちは生涯皆歯がきれいだった。
現在の愛犬のパロも奇麗な歯だ。
詳細は次の随想にある。
犬の歯磨き!すべての愛犬が喜ぶ簡単な方法! 加熱した鶏の骨をガリガリ噛み砕いて!

 毛並み色艶も良くなる。
次のような内容の愛犬家のお礼の投稿が多い。
「骨付き肉を食べた後の家の子は口元がニッコリして、とても、ご満悦そうです。表情まで優しくなって、まるで、美味しかった!と言っているようです。
食が細く病弱だった幼犬に骨付き肉をあげだしてから、今日で13日目ですが、驚くほど、毛も艶やかでフサフサになり、骨格もしっかりして、今では、元気(おやんちゃ?)すぎて、嬉しい限りです。」

 臭い体臭もなくなる。  
毛並みやその色艶が良くなるだけではなく、体臭が無くなったとのお礼の投稿も多い。
 愛犬のパロは、風呂を好まず、特にドライヤーの音を嫌がるので、寒い時期には半年以上も風呂に入れないが(本音は飼い主の怠慢!)、毛並みや色艶が良いと褒められる。それだけではない。体臭が臭くない。
 また、夏には近隣のワンちゃんたちにはノミがいるとのことだが、パロにはダニだけでなく、ノミも一度も付いたことがない。体臭がないからだろうと思っているが、それだけの理由だろうかとも思っている。
健康で免疫力の高い生き物にはノミやダニさえも追い払う力があるのではないかと思う。同様な投稿をしてきた愛犬家もいる。

 糞の量が激減する。トレシーツが節約できる。
ドッグフードを止めて、鶏の骨を主食にした手作り食事にすると、犬の糞量が3分の1ほどに激減する。
愛犬家は、その事実をご自分で確認すると良い。
つまり、ドッグフードがいかに栄養分の少ない不良欠陥商品であるかがわかる。
ドッグフードは農産や畜産廃棄物、いわば、人の食品に向かないゴミが原料だ。栄養にならないカスが沢山含まれている。
療法食のロイヤルカナンもドッグフードだ。そのドッグフードの原料とは何かについて正しい知識を持つことは愛犬の健康と長寿の為に大切なことだ。
ロイヤルカナンは獣医界ぐるみの詐欺商品! ゴミが原料のドッグフードの療法食では病気は治らない!

 なお、我が家にはトイレシーツはない。なぜかは、次の随想に詳記してある。
犬の糞尿は屋内では浴室の風呂場が最適だ! トイレシーツのゴミも臭いもなくなる!

 糞の悪臭も激減する。
鶏の骨を主食として食べている犬の糞は、カルシウムの白い粉で固めたようなコロコロと転がるような形状だ。
その後始末は簡単だ。トイレシーツもほとんど汚さない。

「愛犬の糞がコロコロになるので、トイレシーツを汚すことも少なくなりました。トイレシーツ代が大きく減りました。悪臭も激減したので、トイレシーツを置いている部屋が臭くなりました」
とのお礼の投稿もある。
鶏の骨の食事で犬の糞がコロコロポロポロになり、悪臭が激減、後始末も簡単に!

 聞き分けの良い穏やかな性格になる。
人も犬も毎日美味しいものを腹一杯食べると、心も豊かになる。
それで、愛犬も聞き分けの良いお利口さんの愛犬になる。自然に性格も穏やかになる。
人も犬も衣食足りて礼節を知る。
愛犬に鶏の骨を食べさせるようになってから、愛犬の性格が穏やかになり、聞き分けの良い子になったとの投稿も多い。

 鶏の骨の食事で涙やけも治る。
涙やけは栄養失調症の一だ。タンパク質不足がその原因だ。
だから、タンパク質の多い鶏の骨の食事で治る。
詳細は次の随想集にある。 
涙やけを鶏の骨の食事で治す! その随想集 

 鶏の骨の食事で免疫力が向上して皮膚病も早く治る。
人や犬も含め、すべての生き物は自然治癒力で病気を克服して長生きできる仕組みを持っている。
その仕組みが免疫力だ。その免疫力が衰えるといろんな病気にかかりやすくなる。
その免疫力は加齢と共に低下する。その低下を防止するには栄養満点の食事をとることが必須だ。
 ドッグフードは栄養価の低い不良欠陥フードだ。免疫力低下の原因になっている。
 重病の犬にも鶏の骨の食事を食べさせると、その難病も早く回復する。 



 関連随想集

鶏の骨は百薬の長 愛犬の主食鶏の骨に関する随想集!

 ノルバサン・シャンプーは犬の皮膚病には薬効のない偽装欠陥商品! 皮膚病は安全で安価な天然精油のひば油で治る!

 バイオチャレンジは犬用殺菌消臭剤? 欠陥不良のインチキ商品! 消費者庁が二酸化塩素による除菌に措置命令!
 ← トップページへ  ボクの頭をなでてワン!

 

 愛犬の正しい飼い方! 自然流で健康長寿!
      獣医のワクチンや薬剤、避妊去勢は無用!
posted by parowan at 16:44| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]