2018年05月13日

マイクロチップで癌になるぞ!迷子犬猫は探せない! 狂犬病ワクチン注射押し売りのチップ! 装着義務化は安倍自民党腐敗政権の悪政!

犬に関する悪政がまた画策されている。自民党が動物愛護管理法を、また、改悪して犬猫にマイクロチップの装着を義務化すると報道された(2018年04月29日)。
(前回の改悪では業者はワクチン接種済みの犬にトリミングをするように改悪

 今回の改悪では、すべての犬猫にマイクロチップの装着を法律で強制しようと企んでいる。
獣医がマイクロチップに書き込まれる飼い主の住所氏名を基に狂犬病ワクチン注射を押し売りできるようにするためだ。愛犬家にとっては迷惑千万な法改正だ。
今回の法改正の本当の目的は狂犬病注射を更に強要しやすくすることだ。
迷子犬が保健所で殺処分されるのを防ぐ為ではない

 ご自宅でかわいがって飼っている愛犬が迷子になることは絶無に近い。
しかも、迷子になってもマイクロチップでは探せない。迷子犬がマイクロチップの読み取り機のある保健所等の設備に自分で行くことはあり得ないからだ。

 犬の殺処分の頭数とマイクロチップの装着とは関係がない
保健所の犬は飼い主やブリーダーなどが持ち込んできた犬が殆どだ。
ごくわずかな頭数だが、飼い主に捨てられて野良犬になって捕獲された犬もいる。
つまり、国内のすべての犬にマイクロチップを装着すれば保健所で殺処分される犬の頭数が減るというのはでっち上げのウソだ。屁理屈だ。詭弁だ。
論理が飛躍していると言うよりも、無茶苦茶だ。狂った論理だ。
国民の愛犬家を愚弄している。

 日本には犬猫が約2,000万匹いる。そのうち、2016年度で約5万6千匹の犬猫が殺処分されている。つまり、0,3%にも満たないわずかな犬猫が殺処分されている。
しかも、その0,3%の殺処分される犬のうちの何%の犬の数がマイクロチップを装着すれば減るというのか。統計的な数値で言うと、無限にゼロに近い数値だ。
つまり、マイクロチップ義務化の法案は国民の愛犬家を騙し、愚弄した悪案だ。
犬猫を食い物にしている白衣の詐欺師集団に荷担した悪政の極みの法案だ。

 自民党がマイクロチップ義務化の法案をまとめたとの報道があった(2010.4.29)。その全文を転載する。
 
               
自民党どうぶつ愛護議員連盟のプロジェクトチーム(座長・山本幸三衆院議員)は、迷うなどして保護された犬や猫の殺処分を減らすため、飼い主を特定する個体識別用マイクロチップの装着を義務付ける動物愛護管理法改正案の骨子案をまとめた。関係者が28日、明らかにした。

チップの内容を読み取り、飼い主情報を記録したデータベースで飼い主を見つける仕組み。議員立法での早期の国会提出に向け、公明党や野党に賛同を呼び掛ける。

環境省によると、犬猫の殺処分は2016年度で計約5万6千匹に達する。同省は、チップや名札などの装着を呼び掛けているが、不徹底なのが現状という。

                  【共同通信】 2018年04月29日


 自民党どうぶつ愛護議員連盟犬の天敵集団だ。
座長・山本幸三衆院議員は、その犬の天敵集団の悪の親玉だ。

 動物愛護管理法とは、「動物愛護」を掲げているが、実態は犬猫を虐待している根拠になっている悪魔の法律だ。
つまり、獣医界が犬を食い物にしている法的根拠になっている悪法の一つだ。
悪法の狂犬病予防法と同じ悪法だ。
日本は狂犬病が根絶して半世紀以上にもなるいる清浄国だ。
日本には狂犬病ウイルスは全くいないのだ。
世界の狂犬病清浄国で狂犬病ワクチンの接種を強要している国はない。
なのに、日本だけは悪法の狂犬病予防法で狂犬病ワクチンの接種を強要している。
その理由は獣医界や製薬会社が狂犬病ワクチンで毎年100億円以上儲かるためだ。詳細は随想 狂犬病注射の売上額年間150億円! 開業獣医一人当り毎年200万円! 犬の健康と命を犠牲に悪魔の巨益! にある。

 この狂犬病予防法と動物愛護管理法は犬猫に関する二大悪法だ。

 議員立法とは、関係業界から巨額の企業・団体献金を受けた議員が沢山集まって、関係業界が儲けられるように新しい法律を作ることだ。
今回は獣医界の巨額の企業・団体献金を受けて、自民党議員が議員立法で立案している構図だ。上記100億円以上の獣医界の利益の一部が政治家に献金されているのだ。
 見方を変えていうと、政治家とは金集めの為にはどんなことでもする職業だ。
金の前では国民の幸せなどは眼中にない。金集めのためには殺人や泥棒以外は何でもする職業だと思った方が良い。つまり、政治家とは金の亡者だ。

 動物愛護管理法は何度も議員立法で改正されてきた法律だが、改正の度に獣医界の詐欺商法を擁護し、強めるようになっている。愛犬家無視の自民党政権の腐敗政治の一つだ。

 今回の法改正の目的は「殺処分を減らす」ことだとされているが、詭弁だ。
本当は狂犬病ワクチン注射の押し売りを強化するのが目的だ。
詳細は下段の関連随想集のNo1,No2、No3にある。

 マイクロチップは犬猫の健康や長寿には有害だ。
欧米ではの発症原因になっているとして訴訟問題にもなっている。
詳細はNo4, No5にある。

 マイクロチップでは迷子犬は探せない。 No1, No2にある。

 日本は、政府も政治家も官僚も皆金で動いている。金権腐敗政治だ。
国民の愛犬家の幸せは無視して、獣医界や製薬業界が儲けらるように動物愛護管理法を改悪しようと企んでいる。
再度いう。殺処分される迷子犬とマイクロチップは関係がない。



 関連随想集

 マイクロチップで迷子犬盗難犬は捜せない! 狂犬病注射押し売りのためのチップだよ!

 マイクロチップは狂犬病注射強要のチップだ 迷子犬や盗難犬は探せない

 犬にマイクロチップは有害無用だね! 狂犬病注射押し売り用だよ!

 マイクロチップは癌を誘発!犬の健康に有害! 獣医師会の詭弁にだまされるな! 

 マイクロチップで犬猫が癌などで多数死亡! 欧米では訴訟等大問題に! 翻訳して紹介!

 マイクロチップの虚偽広告!欠陥商品だよ! ネット上に暴露糾弾英文記事多数!翻訳紹介

 子犬とマイクロチップの抱き合わせ販売は法律違反! 犬の天敵の詐欺商法! ペットショップのワンラブ


 狂犬病、混合ワクチンで毎年4500匹死亡!



 狂犬病注射有害無用論の随想集

  混合ワクチン有害無用論  



 ← トップページへ  ボクの頭をなでてワン!


 
 
毎年大輪の深紅のボタンが咲いたが、今年は新芽からピンクの牡丹!突然変異!   

 愛犬の正しい飼い方! 自然流で健康長寿!
      獣医のワクチンや薬剤、避妊去勢は無用!
posted by parowan at 14:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]