2018年07月15日

アカラス症は獣医学者の曲解捏造による病名! 真実はワクチン症候群の脱毛症! ワクチン接種を止めて鶏の骨の食事で毛が生える!

アカラス症という難病の皮膚病がある。獣医には治せない。犬の皮膚にいるダニが原因だというのが定説だ。
でも、何か不可解だ。
そのイヌニキビダニはどの犬にもいる。顕微鏡で見える。ありふれたダニだ。常在菌という。
その常在菌が難病の皮膚病を引き起こすというのはおかしな話だ。
獣医は、免疫力が低下している犬にだけダニがアカラス症を発症させると説明している。
では、老犬になって免疫力が低下すると多くの犬がアカラス症を発症するのかというと、そんなことはない。
常在菌のイヌニキビダニと免疫力低下を組み合わせた複合説は説得力がない。

 英文のキーワード「dust mite rash in dog」で検索すると沢山の記事が出る。
dust miteとはホコリダニ、いわゆるダストダニのことだ。
rashとは発疹などの皮膚病のことだ。
アカラス症とは、dustをアカ(垢)、rashをラスと翻訳したものだろうと勝手に思っている。
つまり、アカラス症は犬の皮膚の垢(あか)が原因の皮膚病という意味だ。
しかし、英文の学術論文を読んでもアカラス症の原因は犬特有のイヌニキビダニだとの説には疑問点が多い。

 結論を先に書く。
アカラス症はダニが原因ではなく、ワクチン接種が原因だ。
即ち、アカラス症はワクチン接種が原因のワクチン症候群の一つだ。
日本の獣医界は自分たちの治療では治せない皮膚病の原因をダニになすりつけてアカラス症と命名したのだ。
無知よる責任転嫁か、ワクチンの副作用を隠蔽するための責任転嫁だ。
そのいづれにしろ、お粗末な日本の獣医界だ。
言い換えると、獣医界は白衣の詐欺師の悪徳集団だ。
有害無益なワクチンをだまし売りして巨益を上げてほくそ笑んでいる。
国民の愛犬家とその愛犬を犠牲にしている。
犬の唯一の天敵の悪魔の集団だ。

 なお、ワクチン症候群の脱毛症は短期間では治りにくい。
ワクチンの薬効は1〜3年間は持続する。
その間は犬の体内からワクチンの毒物がなくならない
その毒物が徐々に減少するにつれて脱毛症は軽減する。
完治するのに相当の月日がかかることもある。
でも、再度ワクチン接種をしなければ、免疫力(自然治癒力)で完治する。
その免疫力を向上させるために栄養満点の鶏の骨を食べさせると早く治る。

 獣医には4年間も治せなかった難病の皮膚病がブログ「愛犬問題」が進めている鶏の骨の食事で治ったと3週間前に次の随想を書いた。
 ワクチン接種が原因の脱毛症!獣医は何年も治せない! 鶏の骨の食事で全身に毛が生えたぞ!
 すると、その随想を読んだ他の愛犬家が私の愛犬も同じ症状の皮膚病だ。ワクチン接種が原因の皮膚病だと喜んだ。治る可能性があるとお礼の投稿があった。
つまり、愛犬の謎の皮膚病は治療法が無いに等しい難病のアカラス症ではないのだと喜んだ。
実際に鶏の骨の食事だけで毛が少し生え出してきたとの喜びの投稿が次の随想のコメント欄にあった。
 その投稿は数回もあり、長文でもあるので、その主要部を採用掲載する。
 ひば油で難病の真菌性皮膚病が一月で治った! 獣医の薬では完治に半年もかかるのに


             
 ツルツルのハゲの皮膚に毛が生えてきました! 投稿者:ころりん さん 

 また、相談に乗ってください。                
今回は謎の皮膚病について相談です(><)
2月頃から首に小さなハゲができ、痒いようで掻き毟ってしまうので、どんどん広がって、今は首(下側)、四肢、脇、お腹等体の内側がハゲてしまいました。
皮膚は掻いたり舐めたりするので赤く炎症を起こしてしまっています。

ハゲ初めた時から、毎日朝晩ヒバエタノールをスプレーしていますが良くなりません(;_;)
お風呂は週2回入れるようにして、1回は普通にシャンプー(人間用)であと1回はにんにく風呂にしています。
以前は週2回にんにく風呂にしていたのですが、効果が感じられなかったので、1回は普通のシャンプーに変えました。しかし、効果あありません。

痒みがおさまればと思い、レスタミンコーワも飲ませてみましたが、効いている様子はありません(TT)

食べ物の可能性も考えて、ここ一ヶ月は鶏ガラしか与えていませんが
変わらずです;
でも下痢や嘔吐等、消化器系に異常は見られないので
鶏のアレルギーは疑わなくても大丈夫でしょうか?
一旦鶏を止めて見たほうが良いですか?(><)

愛犬は2歳の柴犬です。オスで去勢をしてあります。

混合ワクチン→ショップでされていたのと、1歳のとき1回(今年から辞めました)
狂犬病ワクチンは2回接種しました。
今年から辞めました。
ノミ・ダニ剤とフィラリアの薬も今年から辞めました。

 昨年の夏にブログ「愛犬問題」に出逢い、そこから鶏ガラの手作り食を与えています。
過去の過ちが招いた結果なのかも知れませんが、何かしてあげられることはあるでしょうか(TT)

 つづきです。

お久しぶりです(^^)
1ヶ月前に相談させて頂いた、アカラス症疑惑の愛犬の途中経過です。

取りあえず、今現在、まだハゲではありますが、1ヶ月前よりは短い毛で覆われてきてツルツルのハゲの部分は少なくなりました。

先月相談させて頂いた後、鶏ガラの食事の量を増やしてみたところ、ハゲの部分から出ていた悪臭が軽減したので、思い切って食べ放題にしました!

愛犬の皮膚病の原因は、栄養失調だった気がします(><)
うちの子は去勢してしまっているので、食べ放題なんて無理だろうと思って、体重が減らないようにと気を付けて食事の量を決めていましたが、栄養失調の第一段階は体重減少ではないんですね(>д<)
これまでは栄養失調なんて疑いもしませんでした;

現在は、ツルツルになってしまった皮膚の部分にまた少し毛が増えてきました(^^)。



  返事  投稿者:Paroowner

 愛犬は「現在、また少し毛が増えてきました(^^)」か。
良い回復状況ですね。良い傾向です。

 愛犬の皮膚病はアカラス症ではないですね。
ワクチン接種が原因の脱毛症ですよ。
鶏の骨の食事で治ると言うことですよ。
良かったですね。

 動物病院には行かないで、つまり、ワクチン接種は二度としないで、鶏の骨だけの食事で愛犬の皮膚病は治りますよ。
愛犬の皮膚病はワクチン症候群ですから、栄養分の豊富な鶏の骨の食事だけで治ります。

 愛犬の体内にあるワクチンの毒物が完全になくなり、愛犬の毛がふさふさになるには相当の月日がかかります。
しかし、確実に治りますので、気長に気楽に待ってください。
動物病院には行かないことが肝要ですよ。ハイ。



ワクチン症候群の脱毛症の犬は毎年約4200匹

 ワクチンを接種してワクチン症候群になる犬の割合は約1%だ。
その各病気の発症率は、この下に提示してある。

 2018年現在日本の飼い犬の総数は約1,000万匹だ。
そのうちの約4割が狂犬病ワクチンを接種している。
その1%の4万匹の犬が健康被害を受けている。
そのうち狂犬病ワクチンで脱毛症になる犬は約2800匹だ。

 混合ワクチンを接種している犬が約2割いる。
だから、混合ワクチンで脱毛症になる犬は約1400匹だ。

 ワクチン症候群の各種病気の割合 
  2008年 犬の狂犬病ワクチンの拒絶反応に関する報告
原文 2008 REPORT ON RABIES VACCINE ADVERSE REACTIONS IN DOGS

 病名   %

嘔吐 28,1  
顔面膨張  26,3 
注射部位の腫れ、こぶ  19,4  
昏睡  12,0  
蕁麻疹(じんましん)  10,1  
血液循環系のショック  8,3  
注射部位の痛み  7,4  
掻痒(かゆみ)  7,4  
はげ、脱毛  6,9  
死亡  5,5  
意識喪失  5,5  
下痢  4,6  
アレルギーなどの過敏症  4,6  
熱病  4,1  
アナフィラキシー  2,8  
運動失調症  2,8  
歩行不能  2,8  
痛みの症状  2,3  
落ち着きのない過剰な動き  2,3  
注射部位のかさぶた  2,3  
筋肉の振るえ  2,3  
心悸亢進  2,3  
血栓症  2,3


 補足
 上記の計算結果の詳細な計算の仕方は次の随想にある。
 狂犬病ワクチン副作用被害:日本は毎年5万匹! 内3,000匹死亡!




 犬の逆くしゃみ症候群の原因と治療法
逆くしゃみ症候群は日本の獣医界だけでなく、世界の獣医界で原因不明の奇病だと定着して何十年も解明されなかった。
その原因と治療法をブログ「愛犬問題」が明らかにした。ブログ「愛犬問題」の多くの愛犬家のご協力のおかげだ。

 その逆くしゃみ症候群もワクチン症候群の一つだ。
 ワクチン接種を止めて、鶏の骨の食事と市販の抗ヒスタミン剤で治る。
詳細は 逆くしゃみ症候群に関する随想集にある。

 なお、Paroownerは医者でも獣医でもない。単なる犬好きだ。
現役を引退して久しい老骨だ。金と名声に超越した白髪の仙人だ。ハイ。


 関連随想集

鶏の骨は百薬の長 愛犬の主食鶏の骨に関する随想集!

アカラス症は薬剤の過剰投与と避妊手術が根本原因! 免疫力低下や甲状腺低下症を誘発して皮膚病に!

ワクチン接種による皮膚病の実例集

ワクチン症候群は怖い病気 その随想集

 狂犬病、混合ワクチンで毎年4500匹死亡!



 狂犬病注射有害無用論の随想集

  混合ワクチン有害無用論  



 ← トップページへ  ボクの頭をなでてワン!

 

 愛犬の正しい飼い方! 自然流で健康長寿!
      獣医のワクチンや薬剤、避妊去勢は無用!
posted by parowan at 23:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]